第21回 上手く行っていない時は逆の事をやってみる ♫クリスマス・イブ

前半は、「上手く行っていない時は逆の事をやってみる」についてのお話しです。

楽器を演奏する時や、日々生活する中で、「何だか、思い通りに出来ないな。。」
っていう時はありませんか?
そんな時は「全く逆の事をやってみる」と
案外上手く行ったという内容で三輪一登先生と対談しました。

後半は、山下達郎の「クリスマス・イブ」を、フルートとサックスの二重奏で演奏しました。

第20回 セルフイメージを上げるには ♫夜空ノムコウ

前半は、「セルフイメージを上げるには」についてのお話しです。

音楽を人前で演奏する時には、セルフイメージ(自分自身が思い描いている自分のイメージ)が
低い人に比べて、高い人の音楽の方がより多くの人に伝わるのではないかと思います。

では、セルフイメージを上げるにはどうしたら良いのでしょうか?
セルフイメージを上げる方法について三輪一登先生と対談しました。

後半は、SMAPの「夜空ノムコウ」を、フルートとサックスの二重奏で演奏しました。

第19回 スピーカーの違いについて ♫Someone to watch over me

前半は、「スピーカーの違いについて」のお話しです。

私はCDのカラオケ伴奏を使用してフルートの演奏をする事があります。
CDの音は、パソコンにスピーカーを繋いで再生させています。

この時に使用するスピーカーが、実はとても重要であることに最近気付きました!
3~4千円代 → 3万円代のスピーカーに変えたら、
大音量でも音が割れませんし、音の広がりも明らかに違います。

2つのスピーカーによる音の違いについて試してみました。
どんな違いに感じるか、是非聴いてみて下さいね。

また、矢沢永吉さんの名古屋でのコンサートに三輪一登先生がサックスで参加されました。
コンサートの裏話も少しだけ聞けちゃいますよ。

後半は、ガーシュインの「Someone to watch over me」を、フルートとサックスの二重奏で演奏しました。
この曲は、某不動産会社のマンションCM曲として使用され、有名になりました。

第18回 当たり前について ♫恋のバカンス

前半は、「当たり前について」の2つのお話しです。

1つ目は、毎日の当たり前の生活に改めて感謝した事です。
5月に右足首を骨折してしまいました。
松葉杖生活になり、車の運転も出来ず、外出もほとんど出来ず、今まで当たり前に出来ていた普通の生活がどんなにありがたいか実感しました。

2つ目は、サックスカルテットは4人で演奏するのが当たり前だと思っていましたが、1人で演奏出来てしまうのです!
1人で演奏するってどういうこと?
なんと三輪一登先生はソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4本の楽器を多重録音して1人で演奏されています。
同じ楽器、例えば、アルトサックスのみで多重録音している人はいても4本の楽器を使って多重録音している人は他にいません。

後半は、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」を、フルートとサックスの二重奏で演奏しました。

第17回 音楽は世界共通 ♫ひまわりの約束

前半は、「音楽は世界共通」というお話しです。

先日ギリシャに行ってきました!
ギリシャでお世話になった現地の女性お二人に、どうしてもお礼がしたくて、フルートの演奏をしました。
そうしたら、とても喜んでもらえたのです。言葉は通じなくても音楽だったら一瞬にして心が通じます。
「音楽は世界共通」なんだ!と改めて感じました。

スペインに行かれた三輪一登先生の、フラメンコのお話し等もとても興味深いです。

後半は、秦基博の「ひまわりの約束」を、フルートとサックスの二重奏で演奏しました。

第16回 環境によって人生が変わる ♫Can You Celebrate?

前半は、「環境によって人生は変わる」というお話しです。

4月は、学校や職場等、環境が変化する時期ですね。
「環境によって人生が変わる」という事について「メトロノームの法則」を例えにして
三輪一登先生と対談しました。

是非、参考にして下さいね。

後半は、安室奈美恵の「Can You Celebrate?」を、フルートとサックスの二重奏で演奏します。

第15回 あがり症について ♫春よ、来い

前半は、あがり症についてのお話しです。

コンクール、試験、演奏会、等で、あがってしまうという経験は誰でもあると思います。
あがり症についてどのように向き合ってみたらよいのでしょうか?
三輪一登先生と対談しました。

是非、参考にして下さいね。

後半は、松任谷由実の「春よ、来い」を、フルートとサックスの二重奏で演奏します。

【 三輪一登先生の無料、公開クリニックのお知らせ ♪ 】
・3月21日(水、祝日)
・10~16時
・名古屋市青少年文化センター 9階 リハーサル室(ナディアパーク内)
名古屋市中区栄3丁目18-1

楽器演奏に関するお悩みについて、三輪一登先生に何でも聞いちゃいましょう!
予約は必要ありません。気軽に参加して下さい!

皆さまからの質問、リクエスト、感想は
mika.oguri0810@gmail.com
までお気軽にご連絡下さいね。

第14回 タンギングについて ♫Fly Me to the Moon

前半は、タンギングについてのお話しです。

ジャズとクラッシックでのタンギングの違いについて、三輪一登先生がヴォーカリスト、サラ・ヴォーンの音源を聴きながら、わかりやすく説明して下さいました。
是非、参考にして試してみて下さいね。

後半は、「Fly Me to the Moon」を、フルートとサックスの二重奏で演奏します。

皆さまからの質問、リクエスト、感想は
mika.oguri0810@gmail.com
までお気軽にご連絡下さいね。

第13回 音程の取り方 ♫雪の華

前半は、音程の取り方についてのお話しです。

三輪一登先生がピアノを弾きながら、音程の取り方をわかりやすく説明して下さいました。
是非、参考にして試してみて下さいね。

後半は、「雪の華」を、フルートとサックスの二重奏で演奏します。

皆さまからの質問、リクエスト、感想は
mika.oguri0810@gmail.com
までお気軽にご連絡下さいね。

第12回 デンマークで学んだ事 ♫いつか王子さまが

前半は、デンマークで学んだ事についてのお話しです。
10月に国民幸福度No.1の国、デンマークに行き、森のようちえんや公立の小・中学校等を見学しての感想です。
何故、デンマークが国民幸福度No.1なのか?
日本の子ども達の笑顔を増やすために、音楽活動を通して何か出来る事はないのか?三輪一登先生と対談しました。

後半は、「いつか王子さまが」を、フルートとサックスの二重奏で演奏します。

皆さまからの質問、リクエスト、感想は
mika.oguri0810@gmail.com
までお気軽にご連絡下さいね。

第11回 木彫作家 須甲隆重さん対談 ♫ニュー シネマ パラダイス

前半は、木彫作家、詩人の 須甲隆重さんとの対談です。
須甲さんは、ニューヨーク、東京等、各地で作品展をされる作家さんです。
私が演奏している古民家カフェで須甲さんが作品展をされたことから出会いました。
須甲さんの作品と木との関わりについてのお話しや、私のフルートの演奏を初めて聴き、
「あまりにも美しい音色に食事が食べられないほど惹き付けられた」という感想を持たれたお話しです。

後半は、「ニュー シネマ パラダイス」を、フルートとサックスの二重奏で演奏します。

皆さまからの質問、リクエスト、感想は
mika.oguri0810@gmail.com
までお気軽にご連絡下さいね。

第10回 ジャズとクラッシックのリズムの違い ♫涙そうそう

前半は、ジャズとクラッシックのリズムの違いについてのお話しです。

ジャズやポップスを演奏する際に「リズムは命!」と言われる程、リズムの取り方は大変重要です。
三輪一登先生がメトロノームを使って、リズムの取り方をわかりやすく説明して下さいました。
是非、参考にして試してみて下さいね。

後半は、「涙そうそう」を、フルートとサックスの二重奏で演奏します。

皆さまからの質問、リクエスト、感想は
mika.oguri0810@gmail.com
までお気軽にご連絡下さいね。

第9回 ジャズとクラッシックの音色の違い ♫いとしのエリー

前半は、ジャズとクラッシックの音色の違いについてのお話しです。
三輪一登先生が実際に楽器を吹きながら、ジャズとクラッシックの音色の違いについてわかりやすく説明して下さいました。
是非、参考にして試してみて下さいね。

後半は、サザンオールスターズの「いとしのエリー」を、フルートとサックスの二重奏で演奏します。

皆さまからの質問、リクエスト、感想は
mika.oguri0810@gmail.com
までお気軽にご連絡下さいね。

第8回 ハワイ島の音② ♫いのちの歌

前半は、ハワイ島の音の続きです。8月にハワイ島に行き、鳥の鳴き声をバックに録音しました。
内容は、ドルフィンスイムを体験して学んだ事です。
今回もハワイの風を感じてもらえたら嬉しいです。

後半は、朝ドラ「だんだん」でヒロイン役の三倉 茉奈・佳奈さんが歌った「いのちの歌」をフルートとサックスの二重奏で演奏します。
作曲は、静岡県浜松市出身の村松崇継さんで、作詞はMiyabiというペンネームですが、竹内まりやさんです。

皆さまからの質問、リクエスト、感想は
mika.oguri0810@gmail.com
までお気軽にご連絡下さいね。

第7回 ハワイ島の音① ♫カーニバルの朝

前半は、ハワイの音についてのお話しです。8月にハワイ島に行き、鳥の鳴き声をバックに録音しました。
また、「カヒコ」というフラダンスの一種である踊りを見たので、この踊りの様子も録音してみました。
ハワイの風を感じてもらえたら嬉しいです。

後半は、映画「黒いオルフェ」から「カーニバルの朝」をフルートとサックスの二重奏で演奏します。
ボサノヴァの曲として世界中の様々なアーティストによってカバーされています。
少し物悲しいメロディーは、秋にピッタリです。

皆さまからの質問、リクエスト、感想は
mika.oguri0810@gmail.com
までお気軽にご連絡下さいね。

第6回 ニューヨークの音楽② ♫美女と野獣

前半は、前回に引き続きニューヨークの音楽についてのお話しです。三輪先生が7月にジャズの本場ニューヨークに行かれ、理想の楽器を購入されました。理想の楽器に出会うための貴重なお話しです。

後半は、映画で大ヒットした「美女と野獣」をフルートとサックスの二重奏で演奏します。

皆さまからの質問、リクエスト、感想は
mika.oguri0810@gmail.com
までお気軽にご連絡下さいね。

第5回 ニューヨークの音楽① ♫糸

前半は、ニューヨークの音楽についてのお話しです。三輪先生が7月にジャズの本場、ニューヨークに行かれました。ニューヨークと日本のジャズプレーヤー、観客の違いについての貴重なお話しです。

後半は、中島みゆきさんの「糸」をフルートとサックスの二重奏で演奏します。

皆さまからの質問、リクエスト、感想は
mika.oguri0810@gmail.com
までお気軽にご連絡下さいね。

第4回 マイクの乗せ方のコツ ♫You Are The Sunshine Of My Life

前半は、マイクの乗せ方(使い方)についてのお話しです。マイクを使用して演奏する時のコツがわかると、ものすごく高価な楽器を使用しているかのように聞こえるのです!

後半は、スティービー ワンダー作曲の「You Are The Sunshine Of My Life」をフルートとサックスの二重奏で演奏します。スティービー ワンダーの名曲で、CMでも使用された事がある曲です。
お楽しみに~!

皆さまからの質問、リクエスト、感想は
mika.oguri0810@gmail.com
までお気軽にご連絡下さいね。

第3回 サックス奏者から見たフルートの魅力 ♫デイドリーム・ビリーバー

前半は、ジャズサックス奏者三輪一登先生から見たフルートとサックスの違いや、フルートの魅力についてのお話しです。
後半は、ジョン・スチュアート作曲の「デイドリーム・ビリーバー」をフルートとサックスの二重奏で演奏します。テレビのCMや映画音楽にも使用されている明るく軽快な曲です。

お楽しみに~!

皆さまからの質問、リクエスト、感想は
mika.oguri0810@gmail.com
までお気軽にご連絡下さいね。

第2回  楽器を始めたきっかけ ♫イパネマの娘

前半は、楽器を始めたきっかけについてお話ししています。
フルートの出会いと、私が何故フルートを始めたのか?
三輪一登先生がサックスを始めたきっかけも、とても興味深く楽しいお話しです。

後半は、ボサノヴァの名曲アントニオ カルロス ジョビンの「イパネマの娘」をフルートとサックスの二重奏で演奏します。

お楽しみに~!

皆さまからの質問、リクエスト、感想は
mika.oguri0810@gmail.com
までお気軽にご連絡下さいね。

第1回 自己紹介 ♫少年時代

第1回目の前半は、自己紹介です。

癒やしのフルート奏者ララァは、東海地区を中心に、ホテル、レストラン、カフェ等で演奏活動をしています。音楽の生演奏というと、少し敷居が高い感じがするかもしれませんが、わざわざ音楽ホールに行かなくても、多くの人に、音楽の生演奏をもっと身近に感じてもらえるといいなぁ。。という思いで演奏活動をしています。

ジャズサックス奏者の三輪一登先生は、岐阜市柳ヶ瀬のゆるキャラ「やなな」の生みの親!という、とっても楽しい先生です。

後半は、フルートとサックスの二重奏で井上陽水の「少年時代」を演奏します。お楽しみに~!

皆さまからの質問、リクエスト、感想は
mika.oguri0810@gmail.com
までお気軽にご連絡下さいね。